逓増定期保険や専門家の力を借りる節税方法

もしもの事態に備えられる保険

もしもの時は突然にやってきます。時には大きなお金が必要になる場合があります。「もしも」は自分にふりかかることもあれば、家族にふりかかることもあります。この「もしも」を切り抜ける突破口として「保険制度」があります。保険を上手に利用して、家族を守る事を考えていきましょう。わずかな保険料で大きなメリットが得られます。

普段自転車を利用している方へ

自転車

豊富な対応ができる自転車保険で不慮の事故も安心!

自転車で通勤や通学をしている方は、事故のリスクと常に背中合わせです。こちらのコンテンツを読んで、あなたに襲いかかるかもしれない事故の対処法を学びましょう。この他、自転車保険に加入することの大切さ等も確認し、より安全に自転車がある生活を取り入れていきましょう。

READ MORE

逓増定期保険に加入する際に気をつけたい4つのポイント

資金調達の代わりとして機能できるか

逓増定期保険は、契約途中であれば貸付金として利用することができます。これらの条件が会社として有利なものかどうか確認しましょう。また、契約満了後には貸付金が負債として残る可能性も否めません。資金計画も含め検討しましょう。

節税対策として会社にメリットを与えられるか

満期後は保障が終了するため、損金計上をすることができ、保険料に関する節税につながります。しかし、この損金が会社にとって本当に節税につながるのかどうかを検討する必要があります。節税だけが先行し、会社資産を目減りさせるだけの可能性もあるためです。

解約返戻金のピークと返戻率を調べよう

逓増定期保険は契約中に解約するタイミングによって、解約返戻金を受け取れる時期が設定されています。ピーク時に解約することで資産として受け入れることができるのです。返戻率を比較検討することで、本当に入るべき逓増定期保険をおさえておきましょう。また、解約のしやすさもあらかじめ調べておいて下さい。

資産運用ができるか検討する

逓増定期保険は上手に解約することで解約返戻金を資産運用に充てることができます。また、経営者の死亡時に、保険金を会社の運転資金に充てることもできます。資産運用性が高いかどうかも検討し、逓増定期保険に加入すべきか否かを見極めましょう。

[PR]節税対策には逓増定期保険がオススメ!
プロが親身に対応してくれる

[PR]福岡でファイナンシャルプランナーを利用しよう
お金の悩みを即解決☆

[PR]自転車保険に加入
事故のリスクを未然に回避

逓増定期保険で節税対策や資産運用する際のポイント

相談

経営者が注目すべき節税対策

経営者として少しでも節税対策を取ることは、会社の資産を強化することにつながります。ただし、法に触れない範囲で行うことが前提です。以前、経営者が注目すべき節税対策は、不動産投資を行い、資産として残せる土地の購入等でした。しかし、最近では新しい節税方法として「逓増定期保険」が注目されるようになりました。制約が多い保険ですが、保険料を経費として計上できる点や、解約・満期後は損金算入できると言った点が節税対策として良いと捉えられるようになったのです。

福岡でも有名なファイナンシャルプランナーを頼ろう

福岡は、企業の本支店や会社経営者も多く存在する地域です。少しでも税金対策をしたいという場合は、福岡県内でも有名なファイナンシャルプランナーを頼って、企業コンサルティングを依頼することをおすすめします。経費の無駄を確認することや投資・資産運用が適正に行われているかを確認するほか、節税対策として逓増定期保険が有効なのか検証してもらうことができるからです。コンサルティング費用はかかりますが、会社の体質改善には必要な投資となるでしょう。

広告募集中