豊富な対応ができる自転車保険で不慮の事故も安心!

事故が起きた時の対処方法と自転車保険の補償内容

豊富な対応ができる自転車保険で不慮の事故も安心!

自転車

自転車で通勤・通学している人は必見

自転車で通勤・通学している方は、何気なく自転車に乗っていることでしょう。自動車との衝突や、歩行者に怪我を負わせてしまった、突然自転車が壊れてしまったというリスクは、自分にはあてはまらないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、明日は我が身。あなたが被害者になる可能性も加害者になるリスクもはらんでいることを常に心に刻みましょう。事故だけではなく大事な自転車が盗難にあうリスクも否めません。このような危険性を覚えておくことで事故を減らすこともできるのです。

事故を起こした際の一般的な対処法

まずは、逃げずにその場で現状把握に努めます。けが人の有無や相手へ声かけすることを怠らないようにして下さい。他の歩行者や自動車通行の妨げにならないよう、自転車を安全な場所に移動させましょう。けが人がいれば救急車を先によび、警察への連絡を行います。警察や救急隊員が来た時も丁寧な対応をしましょう。利害関係を明らかにし、第三者を入れた相手方との話し合いをして下さい。保険に加入している時は、保険会社への連絡も忘れずに行います。

契約はインターネット上で簡単に行える

自転車保険の契約申込はインターネット上から行うことができます。ただし、書面への署名捺印や支払い口座の確認を行った後での契約履行となりますので、厳密には「ネット上からの契約申込」と位置付けましょう。ネット上では様々な自転車保険の情報が得られます。複数の自転車保険の情報を収集し、自分にとってより良い補償が得られる保険に加入しましょう。

怪我をさせた場合と財物を壊した場合の賠償金を比較

自損事故はその物品に対する弁償のみで完了

自損事故の場合、その物品に対する純粋な弁償で賠償責任を終えることができます。修理代を払うことや、第三者の所有物を新品に交換することなどが一般的です。ただし、高額なものに対する弁償は協議が必要になることもあります。

相手を怪我させた場合は治療費と慰謝料で賠償する

人身事故の場合は、自転車の場合でも治療費と慰謝料が発生します。慰謝料の相場は決められていませんが、状況によっては調停や裁判に発展することも考えらえます。加害者と被害者で和解に持ち込むまでに時間がかかることもあるでしょう。

自転車保険が補償してくれる内容ベスト5

no.1

加害者となった時の補償

自転車事故で加害者となった場合の賠償責任補償が、自転車保険の要です。自転車事故と言っても、多重事故・死亡事故へ発展するケースが増えています。保険金額が大きい物など、ワイドな補償内容を目安に保険を選ぶことをおすすめします。

no.2

自損事故を起こした時の怪我の補償

自転車事故で一番多いのが、転倒による自損事故です。相手がいない事故で怪我をした時や、歩行者として交通事故の被害者となった時にも怪我の保証が受けられる補償内容があれば安心です。子どもや暗い夜道を走ることが多い方にはおすすめの補償です。

no.3

自転車が故障した時の補償

スポーツバイクで遠乗りや山道ライドを楽しむ方も増えています。万が一自転車の故障によって帰宅の足が奪われてしまった場合でも、ロードサービスがあれば万全です。24時間365日いつでも対応してもらえると、より安心してサイクリングを楽しむことができます。

no.4

もらい事故の補償

自転車の運転手に事故の責任がない、いわゆる「もらい事故」の場合でも法律相談特約や弁護士特約などの補償があれば安心です。もらい事故の場合、相手との保険交渉が難航しやすい傾向にありますが、弁護士が介入することでスムーズに解決へ導いてくれます。

no.5

自転車事故以外の怪我の補償

自転車に乗らない生活の中でも事故のリスクは存在します。学校での部活や、野外活動で起こる身近な怪我にも備えられる特約保障を利用することで、自転車に乗っていない時間も安心できるのです。アクティブな日常を送りたいとお考えの方には、是非お勧めです。

広告募集中